2010年09月13日

スウィンギン・ロンドンとヤードバーズ

【スウィンギン・ロンドン 50's-60's】

埼玉県立近代美術館で開催されていたスウィンギン・ロンドン(Swinging London 50's-60's)に行ってきました。最終日に滑り込みです。

りーぴん「ねぇねぇスウィンギン・ロンドン行こうよぉ」

同居人「行かん。りーぴん行ってこんね」

「ちっ、つまんねー男だな」

なんだか一人で行くのもなぁ‥と思っていたら、たまたま近所の奥さんが
「スウィンギン・ロンドン行かない?」って誘ってくれちゃって、ありがとう!


【50's-60'sは懐かしい現在?】

スウィンギン・ロンドンとはざっくり言うと、1950〜60年代ロンドンのポップで斬新なカルチャーシーンの総称ってところかな。

会場には当時を象徴するインテリア、家電、楽器、レコード、ファッション、ポートレートetc
ミニ、ベスパ、モッズ、ビートルズ、ヤードバーズ、ミニスカート、
マリー・クワント、ヴィダル・サスーン、ポール・リーヴス...

ぼくはUK好きなので楽しめました。
ただ、そこはすべて懐かしい過去というわけじゃなく
「この服、お宅のクローゼットに入ってるよね」
「これは今ママンが使ってるのと一緒」なんてのもあり(笑)
そういう日常がわざわざショーケースに入れられて展示されちゃってる不思議さがなんだかちょっとおかしかった。


個人的には是非「The Clash展」を。
ちなみに一緒に行った奥さんは「The Doors展」を熱望していた。
つーかドアーズはロンドンじゃねーし。
まぁ「The Doors展」でもぼくも喜んで行っちゃうけどね。


【ヤードバーズ (The Yardbirds)】

家に帰ってから
「そう言えばヤードバーズ(The Yardbirds)のLPあったよな」
と思ってレコードを引っ張り出して来て、スウィンギン・ロンドンに一緒に行った近所の奥さんに見せに行った。

りーぴん「ピンポーン♪いますかー?(LPを突き出し)ヤードバーズでーす」

奥さん「うわー、すごーい!」

り「貸してあげよっか?あ、でもお宅レコードプレーヤーないよね」

奥「ないよぉ。プレーヤーあるの?」

り「うちはあるよ。じゃあね。」

奥「え、何?ただ自慢しに来ただけ?」

り「うん、自慢しに来ただけ。バイバーイ」


「The Yardbirdsの何のアルバム?」って聞かないでね。
本当は自慢にならない。べつにレア物でもなんでもないっす(汗)


posted by りーぴん at 02:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | デートやお出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。