2010年10月26日

バイト敬語になりますでございます

【バイト敬語】

近所のローソンの店員がやる気ゼロで、挨拶しなかったりレシートを放り投げたり。 そんなのはいつものことなので、まぁ不愉快だけどあきらめている。

で、そんなことよりも今一番気になっているのが「なります」なのだ。

「こちらになります」

まぁ本当になるならいいんだけど、これって大抵は既になっている状態なんだよね。
「こちらです」とか「こちらでございます」とか普通に言えばいいのになって思うのだ。

「○○になります」とか「○○円からお預かりします」というような痛い表現‥
こういうのを『バイト敬語』って言うらしい。

いやいや全然敬ってねーだろ。むしろバカにバカにされている気がするぜっ!

そう思うのはぼくだけか。


【バイト敬語は社員も使う】

数年前に某飲食店の接客マニュアルを読んだことがあります。

「こちら○○(商品名)になります」
「○○円からお預かりします」
「○○円のお釣りになります」

接客マニュアルが既にこの有様だったのだ。


ぼく「ねぇねぇお客様に対してこんな言い方しちゃマズイんじゃないの?」

マニュアルを見せてくれた人「うーん‥そうだけど。」

ぼく「上には逆らえない?まぁ会社がそういう方針(バイト敬語推奨)なら仕方ないか」


バイトが悪いわけじゃない。
バイトでも丁寧語や尊敬語を話せる人はいるし、サービス業界の社員(ましてや接客マニュアルを作る立場の人)であっても丁寧語や尊敬語を話せない人はいるってことです。


【認めざるを得ない文化】

子供の頃、親に「ら抜き言葉」を注意されたことがあります。

うちのパパンとママンの世代は「ら抜き言葉は正しくない」と教育されてきたので、ぼくが使うら抜き言葉に違和感があったのです。

でも、ぼくは学校で「ら抜き言葉も正しい日本語」として教わっていたので、親の言うことよりも教科書を支持していました。
言葉遣いを注意してくれた親に対して「今の時代はこれでいいんだよ」ってバカにしたような口を利きました。

あのときパパンとママンはやりきれない思いだったろうな‥って、自分が大人になって言葉の壁にぶつかって初めて気付きました。


個人的にはならないときに「なります」って言われることに違和感と不快感があるんだけど、言葉の変化は文化であって多数決に流されて行く。それは承知。だから余計にもどかしい。

「なります」は流行語ではなく既に定着している。
そのうち「ございます」が消えて「なります」が正しいとされる日が来るのかもしれない。


ちなみにこのブログの記事はいつも常体と敬体が混在している。
理由は気分屋だから、反抗的だから、他の場所では出来ないことだから。
でもそれに関して「オェっ!」ってなっている人もいるかもね。ごめんなさいです。



posted by りーぴん at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月26日

楽天市場のお気に入りブックマーク改悪について

【お気に入りブックマークの表示変更】

楽天市場のヘビーユーザーならご存知と思いますが、つい先日楽天市場の"お気に入りブックマーク"の表示が変更されました。

私の場合、日々のお買い物はほぼ楽天市場でなので、今回のお気に入りブックマークの表示変更はものすごーくストレスになっています(ノ_-;)


【お気に入りブックマークの変更点】

お気に入りブックマークの1ページ当たりのアイテム表示数は20件です。
これは以前と変わらない。
では何が変わったかというと、ひとつひとつのアイテムが無駄にデカくなり&無駄に余白がたっぷり、ものすごい縦長ページになりました。

私のPCモニターの場合だと、 今までアイテムが10個ぐらい表示されていたぶんのスペースに、今はアイテム2個しか表示されない。
一覧表を上から下まで見るために今までは1〜2回スクロールすればよかったのに、改悪後の現在は10回スクロールが必要になった。
更に、今まで1クリックで出来ていたことも2クリック必要になった。
見やすかった"在庫なし"という赤字の表示も薄いグレーに変更された。

どちらの方が利便性が高いかは誰でもわかるはず。
逆に良くなった点は、探したけれど私にはみつけられなかったです。

ネット環境が一般的になり誰もが気軽にブログを書けるようになったこの時代、素人でもユーザビリティを考慮する人が増えてきたというのにね‥


【楽天の意図は?】

で、楽天の"お問い合わせ"に質問と要望のメールをしたのですが。
その返答は‥残念ながら返信マニュアルのテンプレでした(笑)

その内容からすると、こちらのメールの内容は読まずに返信したようです。
又は、こちらのメールを読んだ上でわざと意味不明なメールを送ってきたのか、どちらかはわかりません。

今回の改悪の意図が何なのかは私にはわからないけれど、あえてユーザーが使いにくいように改悪するということは、楽天側に何かしらのメリットがあるのでしょう。


【今後の対策】

楽天が改悪の取りやめ(もしくは改良)をしないのであれば、自分自身で工夫して使うしかありません。
楽天市場ではもう買い物をしないという考え方もあるでしょうが、私は楽天市場の中に代替できない大好きなショップがいくつかあるので、これからもできるだけ楽しく買い物を続けて行きたい。

私の場合はとりあえず、お気に入りブックマークをみるときだけ
ブラウザの表示を極限まで縮小しています。
フォントはゴミみたく小さくなっちゃうけど(笑)

他に何か良い方法があったら教えて下さい m(_ _)m



posted by りーぴん at 22:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月28日

ポケットティッシュは必需品だよ

【子供の頃の体験】

そもそも、りーぴん小学生の頃に一人で電車に乗っていたときにゲロって(失礼)、でも周りにいたOL風の女性もおばさんの集団も新聞読んでるおじさんも、りーぴんと同じぐらいの子供を連れているお父さんやお母さんも、誰も何も助けてはくれなかった。

電車がどこかの駅に停まり降りようとしたら、乗って来た女子高生2人組が学生カバンから慌ててティッシュを出して、
「大丈夫だからね、泣かないで。」ってりーぴんの汚れた手と口を拭いてくれた。
優しくしてもらって、余計に涙があふれた。

子供の頃にそんな経験をしたからか、困っている人を見ると放っておけないのだ。

【最近の自分】

自分が大人になって、やっぱりゲロってた女性の手を拭いてあげたこともあったし、隣に座っていた男子高校生が突然鼻血を出してパニクってたもんだから、黙ってポケットティッシュを握らせて立ち去ったこともあった。

やっぱりポケットティッシュは必需品よね!

【師匠の教え】

学生時代にお世話になった師匠はとても厳しい人で、りーぴん中学生のときはレッスンのたびに泣いてたんじゃないかと思うほど。

あるとき泣き過ぎて鼻水をすすりながら演奏していたら
師匠「鼻をかみなさい!」
りーぴん「すみませんがティッシュを忘れて来てしまったので1枚下さい。」
師「ダメです。それならハンカチで鼻をかみなさい!」
(おぇーっ!ハンカチで鼻なんかかめねーよ。)
り「・・・ハンカチで鼻をかむのは嫌です。」
師「そんなこと知りませんよ。」

ケチ!目の前にボックスティッシュが置いてあるんだぜ?
鬼ババア!くそババア!って、思いました。

教育?少なくとも意地悪とかケチとかではないんです。
女の子がティッシュも持たずに家を出るとはあるまじきこと!という厳しい教えです。

やっぱりポケットティッシュは必需品よね!←結局コレなのだ。


posted by りーぴん at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月26日

その状況で自分がすべきことは

【状況判断?】

仕事に向かう電車の中、どこからともなくコーヒーのいい香りが〜
と思ったら、近くにいた大学生風の青年がコーヒーを床にこぼしてしまったようで。
床にこぼれたコーヒーを自分のハンカチ拭いていたのだっ!

電車は動いているから、こぼれたコーヒーはあっちへ広がりこっちへ広がり・・・拭けども拭けどもその作業は終わりが見えず。

「どうしよう。」

かわいそうなんだけど、座席は全部埋まって立っている人も結構いる状況だったから、手伝ったりしたら余計にかわいそうな気がして。
かと言って、ただ見ているのはもっとかわいそうだから
「りーぴん君は何も見ていません気づいていません」を決め込みました。

【臨機応変?】

きちんとハンカチを持っている青年。
そのハンカチで床にこぼしたコーヒーを拭く。

コイツはいい奴だ!と思った。だから余計に切ないのだ。

難しいですね。
これが、人が少ないガラガラ状態の車内だったら手伝っていただろうなぁ。

例えば混雑している車内でも、床を拭いているのが青年じゃなくて小学生の女の子だったら手伝っていただろうなぁ。
そんなことを考えながら仕事に向かいました。

電車にはよく乗るのでいろんなドラマに遭遇します。


posted by りーぴん at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年08月30日

法事にて人の大切さをおもう

【大人の誠意】

人の命より大事なことってなんだろう。

伯父の四十九日法要に行ってきました。
私の親戚は普段から行き来もあるし、皆とても仲がよいのですが、本日の面々は「どうしてこれしか集まらないのよ?」という残念なものでした。

人の命より大事な用ってなんだろう。仕事?

知人の話ですが、ある人のお通夜に参列するために会社の上司に早引けを申し出たところ、
「お通夜だけじゃなくて告別式も出席しなさい。それが礼儀だ。」
と言われ、半ば強制的に翌日お休みにされ、おかげで告別式も出席できたそうです。
その話を聞いたとき、組織の中にも出来る方はいらっしゃるものだと感動しました。

お通夜と告別式だけじゃなく、四十九日も三回忌も七回忌も、法事は故人にとっても御遺族にとっても大事なことです。
「お世話になった(なっている)方々に、恩をアダで返すようなことはしない。してはいけない。」
改めてそう思いました。

誰だって楽しいイベントの方が好きでしょう。
でもこういう悲しみの席でこそ、その人の真価が問われると思うのです。

「行動は嘘をつかない。」誠意とはそういうもの。



posted by りーぴん at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっと考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。