2009年11月22日

韓国ドラマ「夏の香り」

【夜更かしの原因は夏の香り】

最近は韓国ドラマ「夏の香り」の再放送が始まったおかげで
すっかり昼夜逆転生活で絶好調なりーぴんです。

夏の香りは以前「祝・夏の香り再放送」にも書きましたが
りーぴんの大好きな韓国ドラマなのです。

ちなみにりーぴんは「韓流(ハンりゅう)」という言葉が嫌いです。
ボクら日本人が言うなら「韓国流(かんこくりゅう)」ぢゃね?
百歩譲っても「韓流(かんりゅう)」ぢゃね?
日本語がイヤっちゅーならせめて韓国語で「韓流(ハルリュ)」ぢゃね?

とか思っちゃうボクはやっぱり理屈っぽい性格なんだね(笑)

まぁとにかく夏の香りはLaLa TVで火曜〜土曜の朝6:30〜8:30まで放送中。
早起きという発想は持ち合わせていないので、夏の香りを観た後に寝て夕方起きるという、夢のような生活をえんじょい中なのだっ!


【夏の香りの魅力は音楽と映像】

韓国ドラマは往々にツッコミどころ満載でおもしろく、以前はそれを心から楽しんでいたりーぴんですが、最近はツッコミ疲れてストレスになっていることに気付きました。

ただ、夏の香りの場合は景色の映像と音楽が大好きなんです。
音楽はチョン・インホの「夏の香り」と「秘密」が大好きで、
普段から暇さえあれば聴いています (´ ▽`).。o♪

韓国ドラマ「夏の香り」ビジュアルサウンドトラックDVD
■10%OFF■韓国ドラマ 夏の香り DVD【夏の香り ビジュアル サウンドトラックDVD】07/8/24

でも、夏の香りのドラマに出てくる様々な表情を見せる美しい緑は映像で観るしかない。

と言うわけで、早朝に清々しい音楽と清々しい緑を満喫、そして気分よく就寝。
ストーリーとか設定とかキャスティングとかその他諸々が全く好みではないのが残念っちゃ残念であるが。

ちなみにうちの同居人はソン・スンホンを見るたびに必ず
「相変わらず男前やねぇ〜」と感心している。


視聴はこちら→ 夏の香り ※YouTube、夏の香り(say yes〜ってやつ)です



posted by りーぴん at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年10月29日

やっと発見、笛木優子さん

【それは浅見光彦にて】

昨夜テレビで浅見光彦を観ていて個人的大発見をしてしまったのだ。
そのドラマに出ていた女優はりーぴんがずっとずっと気になっていて仕方がなかった人で
「うわぁー!この人この人!」
って、もうホントびっくりでした。
二度とお目にかかることはない、と思い込んでいたので(失礼)

それまで名前も知らなかったんだけど笛木優子さんという方でした。


【韓国ドラマ、オールイン】

なぜ彼女のことがずっと気になっていたのかと言うと・・・

りーぴんはソン・ヘギョが好きなので韓国ドラマ「オールイン」を見たことがあって、笛木優子さんはそのときオールインに出演していました。
その役は「韓国人企業家の愛人であり、韓国語も話せる日本人」といったもの。

りーぴんは
「日本では無名でもこうやって海外で活躍している女優もいるのよね。韓国人スタッフの中でセリフも韓国語中心ですごいなぁ」と感心したものです。


【妙なインパクト】

ところが。
回が進むごとに韓国語のセリフがみるみる減っていき、しまいにはセリフが日本語のみというあまりにも不自然な流れに。
ドラマではちょっと韓国語も話せる日本人ではなくて韓国人と韓国語のビジネス会話が出来る日本人
少なくとも最初はそういう設定だったはずなのに、最後の方は日本語が通じない韓国人にも堂々と日本語しか話さないという、意地悪なんだかおバカなんだかよくわからないキャラに。

常に韓国語で話すキム・イナ(イ・ビョンホン)に対して常に日本語で答えるおちだりえ(ユミン=笛木優子)。
「いや、君たち会話通じてないし。」


もしや笛木優子さんの韓国語の発音がどうにもこうにもで、本来韓国語のセリフであるべきものがすべて日本語に変えられてしまったのか?
などと、失礼な憶測。

いや、視聴者がこういう憶測を簡単に働かせるであろうことは簡単に予想されることで、それをあえて決行するということはある種のイジメ?
なんて、更にウラを読んでみたり。

まぁ結局のところ事情は全然わからないのだけれど、
「なにかしらの事情」が気になって、実際に大好きなソン・ヘギョよりも笛木優子さんの方が強烈に印象に残っています。


そういえば「ポニーテールはふり向かない」のキャティのセリフが
最初は本人が日本語で話していたのに途中の回から突如吹き替えに変わった、
あのときの違和感に似ている。



posted by りーぴん at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年05月31日

キミは何レンジャー?(特撮ヒーロー)

【ぼくはパワーレンジャー】

いやね、実は昔から特撮ヒーロー(戦隊ヒーロー、レンジャーもの)が大好きなんすよ。
自慢ですが、初代Mighty Morphin Power Rangers のTシャツは今でも愛用しておりますデス。

ちなみに過去にりーぴんのハートを射止めた Lucky Rangers は

  • 秘密戦隊ゴレンジャーのアオレンジャー=新命明(宮内洋)
  • 超獣戦隊ライブマンのイエローライオン=大原丈(西村和彦)
  • 鳥人戦隊ジェットマンのブラックコンドル=結城凱(若松俊秀)
  • 高速戦隊ターボレンジャーのブルーターボ=浜洋平(朝倉圭矢)
  • 忍者戦隊カクレンジャーのニンジャブラック=ジライヤ(ケイン・コスギ)
  • この中でもイエローライオンとブルーターボは特に大好きで、
    当時はカードやらフィギュアやらを集めまくってて家族から冷ややかな目で見られていましたね。

    思えばオタクの社会的地位というかカテゴリーが確立されていない時代でした。


    あぁ、やっぱパワーレンジャーが一番好きっす♪


    posted by りーぴん at 05:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    2008年05月26日

    祝・夏の香り再放送

    【ソン・スンホンはかっこいい?】

    ちース、韓国ドラマにはまっちゃったりーぴんデス。
    昨日から夏の香りの再放送が始まったのでご機嫌なのだよ。

    実はソン・スンホンのドラマは秋の童話と夏の香りしか見たことがないので
    りーぴんの中でソン・スンホンはすっかり軟弱な男として定着。
    機会があればかっこいいスンホンも見てみたいでござるよ。


    【韓国ドラマというものは】

    韓国ドラマを見始めて数ヶ月、今まで観たものは
    秋の童話・夏の香り・フルハウス・ごめん愛してる・サンシャインオブラブ。
    現在進行形で観ているのは、夏の香りチョアチョアです。

    これらのドラマには共通点があって、
    1・役者がすぐ泣く。ちょっとしたことで涙ボロボロこぼして泣く。
    2・二人の男が一人の女を取り合う。でも激しくない、遠回しで生ぬるい。

    これが韓国ドラマの傾向なのか、それともりーぴんが観たドラマがたまたまそういうものだったのかは不明デス。

    とにかく今まで観たものは、設定・小道具・衣装・メイク・演出・音楽など突っ込みどころ満載でとっても楽しかった。結構イラつくこともあるけれど全然飽きないのだよ。

    今日も夏の香り観るので今からとても楽しみです♪



    posted by りーぴん at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。