2010年01月12日

ラーメン屋との付き合い方

【ここはラーメン激戦区、たぶん】

ネット上に溢れる数々のラーメンブログを読んでいると、冗談抜きに毎日毎日ラーメンやつけ麺を食べている人々がなんと多いことかと驚くわけですが、そんな方々の足元には及ばないまでもボクだってラーメンは大好きなのさ!

っつーわけで。
週に2回以上はラーメン屋に行っています。女子としては多いよね、たぶん。

よくテレビでラーメン激戦区とかの特集をやっているけど、
正直「ホントかよ?」って思うのです。

我が家から徒歩3分圏内には自分が知っているだけでも14件のラーメン屋(+つけ麺屋)があり、徒歩5分圏内となると20数件にも及ぶので、こういうのを「ラーメン激戦区」と呼ぶのではないかなぁ・・などと思うわけよ。

ただ、我が家の近所にはいっぱいラーメン屋があるといっても、ごく普通の美味しい醤油ラーメンを食わせてくれる店がねーのだ。それがすごく不満。
やっぱ江戸っ子は醤油ぢゃね?(江戸っ子ぢゃねーし)


【ラーメン屋との付き合い方】

ラーメン屋においていくつか気をつけていることがあります。
と言うか、もうクセみたいなもんですが。

  • あほみたいな笑顔で入店
  • 食券の場合は、店員さんが見やすいよう文字の向きを揃えて渡す
  • 同居人と業務連絡程度(水取って、とか)の会話はあるが基本静かに待つ
  • 携帯がブルブルなっても絶対に出さない
  • ラーメン(つけ麺)を出されたら笑顔で「ありがとうございます」と言う
  • とっとと食う
  • 使った紙ナフキンやティッシュ(ごみ)はポケットに入れる
  • 食べ終わったらテーブルを拭いてすぐに席を立つ
    (後会計の場合は店員さんの作業の切りがいいところで席を立つ)
  • 「ごちそうさまでした」と大きな声で笑顔で言う
  • 店のドアを閉めながら感謝の一礼

こんなんで、最初はニコリともしなかった愛想の悪い店主なんかも
チョー笑顔で接してくれるようになるのだ。

何故か大盛り、トッピングサービス、試作中作品の味見、
ボクらにだけサービス券などなど、嬉しいことが後からついてきます。

お試しあれ。



posted by りーぴん at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年11月08日

ブラックモンブランとミルクック

【大好きなアイスミルク】

知ってる?
りーぴんイチオシの激うまアイスミルク、
ブラックモンブランとミルクック

ブラックモンブランとミルクック

うちの近所には売っていないのでなかなかお目にかかれないのだけど
偶然みつけて即購入っす。


【隣の奥さんも惚れたブラックモンブラン】

ブラックモンブランはミルク風味のアイスミルクがチョコレートコーティングされてその上からクランチがトッピングされたもの。
これがさ、そんじょそこらのクランチ系アイスとは一線を画すものなのだ。

りーぴん「これメチャメチャうまいから食べてみ」

隣の奥さん「ふーん」←ただのクランチアイスじゃん、と言わんばかりの態度

り「マジで他のクランチアイスと違うんだよっ!」

後日。

奥「あのアイスおいしかった♪確かに違うね」

り「でしょでしょ?他のとちょっと違うでしょ」

奥「うん。なんかクランチがね、(以下略)」


【ブラックモンブランおいしさの秘密】

まずね、中のアイスがサッパリとしていてチョコとのバランスが良いのです。

ラクトアイスの野暮ったいモッタリ感じゃなし、
アイスクリームのような濃厚さじゃなし、濃密な滑らかさじゃなし、

ミルク風味のスッキリとした味わい

&サッパリとした舌触り

ポイントはコレですね、甘いのにしつこくない。

クランチのおいしさはクッキーとピーナッツ?
このクッキークランチがまた非常においしいのだ。コレもポイント。

チョコレートの味はようわからん(笑)
ただ、チョコレートとクランチとアイスミルク、それぞれの量と味のバランスが素晴らしいのです!

竹下製菓 ブラックモンブラン

竹下製菓 ブラックモンブラン30本入


しかし、たかがアイスでよくここまで語るよな。
ブラックモンブランの説明でスペース取りすぎ、
おかげでミルクックの説明が出来ないじゃん(怒)


竹下製菓 ミルクック

竹下製菓 ミルクック30本入

ミルクックも同じぐらい大好きなんだけど。



posted by りーぴん at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年12月02日

ジャイアントペロティ(デビルマン)

【祝・デビルマンペロティGET】

ちース。
本日見事に運命的に奇跡的にデビルマンのペロティをゲットしちゃって、この喜びをどう伝えればいいのかわかんなくて己のボキャブリーの無さを恨むべきか、いやそんなことはやはりどうでもいいのだ!うぇーい。

グリコの公式サイトによると
「週刊少年サンデーと週刊少年マガジンの創刊50周年を記念して、両誌の人気マンガがジャイアントペロティになりました。」ということでその第2弾だそうですが、少なくともデビルマンに限っては
「んなこと言って、本当はりーぴんのためぢゃねーの?うひひ。」なのだ。

【デビルマンの思い出】

そう、デビルマンといえば。
その昔「デビルマン(=明くん)と結婚する」と信じて疑わなかったりーぴん少女。
マンガ本・ゲーム本・ゲームソフト・ビデオ・フィギュア・食玩、自慢のコレクション。プラス、自作のデビルマンカレンダー(制作途中、火災により焼失。以後制作断念)等

とにかくデビルマンが大好きで、見まくって集めまくって遊びまくった。
りーぴん少女の青春はデビルマン無しには語れないのだ。


同居人「よかけん、はよー食べんね。」

りーぴん「は?食べるわけないじゃん。永久保存版だよっ!」

「そいは無理やろ。腐っぞ。」

「・・・だけどもったいなくて食べられないもん (>_<;)」

そうなのよね。
チョコレートを数十年保管(放置?)すると一体どうなるのか自分には想像つかないんだけど、今日ゲットしたデビルマンペロティは永久保存します。
したいもんはしたい(笑)

で、食べるぶんのデビルマンペロティは、また探して購入しようと思っています。

ちなみに、りーぴんはデビルマンペロティしか眼中にないわけですが、他にも、あしたのジョー・名探偵コナン・犬夜叉など全12種類発売中です。



posted by りーぴん at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月13日

おうちで飲むヨーグルト

【美容と健康にヨーグルトドリンク】

ういーっス。
先日、お気に入りコスメでchu♪でお風呂でのヨーグルトの使い方を紹介しましたが、今日はヨーグルト本来の使い方で、飲み物をご紹介なのだ。

うん。なんちゅーことない飲むヨーグルトなんだけど、りーぴんの場合は市販の飲むヨーグルトって甘すぎて苦手なのです。
だから飲むヨーグルトが飲みたいときは、いつも自分で作っちゃう。


【自分で混ぜる、飲むヨーグルトの作り方】

    おやつ向き(コクを楽しむ)
  • グラスに半分弱ほどプレーンヨーグルトを入れ、はちみつ適量を入れて混ぜ混ぜ。この時点ではちょっと甘めにしておきます。
  • 更に混ぜながら牛乳を加えていき、ヨーグルトが好みのとろみ加減になったら出来上がりです。

市販の高級タイプの飲むヨーグルトっぽくて美味しいです♪

    食事中向き(サラッと飲む)
  • グラスに3分の1ぐらいプレーンヨーグルトを入れ、はちみつを入れて混ぜ混ぜ。この時点ではちょっと甘めにしておきます。
  • 更に混ぜながら、牛乳とたっぷりの氷を加えてサラサラになったら出来上がりです。

キンキンに冷えてサラっとした飲み心地でゴクゴク飲めます。まるでカレー屋さんのラッシーみたい♪

    ダイエット向き(低カロリー)
  • 牛乳とヨーグルトは低脂肪のものを使います。ダイエット中でもはちみつは使って下さいね。 (ダイエット甘味料のアスパルテームは美味しくないし不健康、おすすめしません。)
  • 低脂肪乳と低脂肪ヨーグルトで作るとどうしても味が落ちちゃうので、カロリーが低くてヨーグルトに合うフルーツを追加します。
    細かく刻んだイチゴ・キウイ・ブルーベリー・アメリカンチェリーなどがおすすめです。ミキサーがあれば尚良しですネ♪


posted by りーぴん at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年06月12日

激うまマンゴーアイス・Weis' Bar mango

【Weis' Bar mango(ワイス・バー マンゴー)】

うだるような暑さに目覚めてしまった不機嫌なりーぴんが今宵ご紹介するのは、大好物の Weis' Bar mango(ワイス・バー マンゴー)です。
ブラーボ!ブラーボ!リアルマンゴー万歳なのだよ♪


ワイス・バー マンゴーアイス 16本

ワイス・バー マンゴーアイス 16本

完熟マンゴーシャーベットに滑らかなコンデンスミルクアイスっぽい部分がくっついて二層になっているラクトアイスです。

アイスクリームではなくて、ラクトアイス。
アイス自体がバー状態(長方形)で持つ棒などは付いていないから、お皿などに出さずに手で持って食べる場合はちょいと食べにくいです。

でもでも、コレすっごく美味しいよ!
マンゴーの味が凄く濃いのに口当たりはさっぱりとしています。
原材料の殆どはマンゴー果汁&果肉。香料は入っていません。

「マンゴー風味」じゃなく「マンゴー」が好きな方におすすめです♪

※ネットで購入できますがかなりの送料がかかってしまうので、もしご近所に輸入食品を扱うお店等あれば、そちらで探してみる方がよいと思います。



posted by りーぴん at 03:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。