Top 音楽関係> 音楽教育ってどうすりゃいいのさ?
2010年12月13日

音楽教育ってどうすりゃいいのさ?

【小学生に音大レベルの教育って必要?】

今日は音楽活動をしていない方には全くもって意味不明なお話ですが。

最近は音楽教育について考えたりしています。

自分が小学校低学年の頃はヤマハ音楽教室というところに通っていて
音大レベル(又はそれ以上)のことを習っていんだけど、
べつに小学生にそんな必要ないんじゃないかなぁ‥とか思ったり。

でも小学生の頃からわりと適当だった自分がこなしていたのだから
愛弟子(小1)にも同じようなことを教えてあげれば
可能性や選択肢が広がって行くのかも‥とも思ったり。


【作曲の日々】

今はわからないけど、当時のヤマハ音楽教室では毎週のように
面倒な条件付きの作曲の宿題が出ていた。

「H-dur(つまりB major)でA-A'-B-Cという構成で40小節以上の曲で、
平行調への転調とドッペル(ドッペルドミナント)を含み最後はアーメン終止。
それを全調(すべてのdur)で弾けるようにしてきて下さい」

だとか、
「テーマは冬。A-A'-B-B'-C-A-A'という構成で64小節以上96小節以内。
3回以上の転調とナポリの6度を含みすべてに和音記号を書き込むこと」

その他に全調移調や与えられたメロディに伴奏付け。和音記号の書き込み。
全調スケールや全調カデンツは食事前の「いただきます」みたいなもの。

はっきり言って鬼だよな(笑)
厳しい条件付きで期限は一週間なんてプロの作曲家に近いレベルじゃん。
計算ドリルさえろくに出来ない子がこんなことしなきゃなんて泣けちゃう
けど出来ちゃうんだからミラクルだよ。


【音楽の基本】

でもさ、将来クラシックの世界で生きるという固い決意があるならまだしも
普通の音楽教育としてはまずは一般的且つ実用的な言い方が先だと思うのよ。

一般的には「H-dur」って言っても通用しない。「B major」なのだ。

そんな基本に気付いたのが高校時代。
バンド仲間はドッペルもナポリも勉強してなくても自然と体に入っている。
奴らはセッションに慣れていたしインプロビゼーションもアレンジ能力も
自分なんかより格段に上で、奴らとセッションやら音楽の話などをしていると
楽しいどころか自分のアホさに気付かされ惨めになり、そして勉強になった。

というわけで、やっぱ小学生の音楽教育はゆとり教育ってやつでいいのかな
って方向に気持ちが傾いていますが、それが正解はわかりません。


posted by りーぴん at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。