Top 音楽関係> 成田圭さんが歌う『大阪LOVER』
2009年05月12日

成田圭さんが歌う『大阪LOVER』

【数多くの視聴者が動かされた歌】

演奏の仕事の前はカラオケボックスで練習することがあります。

我が家は楽器の演奏ができるよう防音にはなっているものの、音楽スタジオのような完全防音ではないので夜中の練習は無理。

カラオケボックスの防音も微妙だと思うんだけど、料金が安いし音量ガンガンでもシンバル叩いても無問題(店員さんの承諾済み)なので、夜中に楽器を演奏したいときはカラオケボックスで遠慮なくやらせてもらうのです。

で、2時間ぐらい練習していると寂しくなってくるわけで。
夜中のカラオケボックスにひとりぼっちソファに腰を下ろす。
何も歌わず、ってゆーか音痴なので歌えず・・・お酒を飲むでもなく・・・
近所の歌の上手い主婦を無理矢理呼び出し
「つまんないから何か歌ってよぉ。」

そのときに彼女が歌ってくれたのが、ドリカムの『大阪LOVER』でした。

りーぴんの場合、大抵初めて聴く歌は一度で入って来ない(うまく消化できない)ので、呼び出しておきながら「ふーん。あ、そう。」みたいな(笑)

以前、成田圭さんについて書きましたが、その後も彼女の歌が大好きです。
デビュー曲"Blind bird"も好きですが、彼女が歌った『大阪LOVER』が特にお気に入りでマイブーム継続中。
声と顔が好き、真っすぐで媚びない歌い方が好きです。

【大阪LOVERの難しさ】

ドリカムの『大阪LOVER』って、ものすごく難しい歌です。

終始単純な8分音符の連続なのでリズムがすごく簡単。
だから、ただ歌うだけなら誰にでも歌えるし、リズムが簡単なぶん音痴なりーぴんでも音程に集中して上手に歌えそう・・・なんてのは、まったくもって甘い考えで

もし完璧なリズム・音程・声量で歌えたとしても、聴く人を惹き付ける絶対的なプラスαがないと、全然上手に聴こえないし単調に聴こえてしまいフルコーラスなんてとても聴くに耐えない。稀に見るごまかしが利かない歌だと思います。

簡単に感じるものほど奥深い。

やっぱ成田圭さんはスゴイなって改めて思いました。



posted by りーぴん at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。